簡単にクトゥルフ神話TRPGの世界に足を踏み入れる方法ってあるの?

右も左もわからない状態でいざクトゥルフ神話TRPGを始めたい! と思っても、その雰囲気がわからないと少し尻込みしてしまうことはないでしょうか。

ということで今回は、クトゥルフ神話&クトゥルフ神話TRPGの世界に簡単に足を踏み入れる方法を、独断と偏見と経験のもとに解説します。

【小説はオススメしない】

ラヴクラフトの小説はやはりEDU(教養)のレベルが試されます。
小説読むの好きだったりするのはいいのですが、そういうのに慣れてない人からすると読みやすいとは言い難いです。

もちろん、文章さながらの良さもあるのですが、「最初に読むといいよ!」とオススメは難しいですね。

更に言うなら、作品によってはクトゥルフ専門用語がめちゃくちゃでてくるものや「え、あれなんだったの?」みたいなものもあります。

ただ、それでも読んでみたい方は

クトゥルフの呼び声
インスマウスを覆う影

は僕的には読みやすかったです。

【実際に遊びに行く】

いや、これができないから困っている!って話なのですが、一応、実際に遊びに行くのもおススメします。
一発で雰囲気がわかりますからね。

ただやっぱり怖いですよね。
アドバイスとしては最初に全て伝えることです。

・年齢層
・男女比
・初心者で本当によくわかっていない
・用意する道具
・時間
・覚えておいたほうがいいこと

こういったことを伝えることで、お互いに情報共有できたりします。

これだけ伝えて、KP(キーパー=ゲームマスターのこと)が不親切なら、TRPGがってよりは、その場所がよろしくないだけです。

【リプレイ動画】

いやいやそれでもいざ遊びにいくのはハードル高いよ!
って場合は、やはりリプレイ動画ですね。

いくつか紹介しますが、やはり有名どころは楽しいです。


ゆっくり達のクトゥルフの呼び声TRPG

クトゥルフ神話TRPGブームを作ったといっても過言ではない動画です。
まだ流行る前の動画のため、丁寧な作りになっていて非常にわかりやすいです。
ただ、残念ながら打ち切りです!


実はめっちゃ面白いクトゥルフ神話TRPG

こちらは、肉声セッション(ゆっくりボイスではなく、実際の声で、TRPGの風景を録音したもの)
ある意味、今の肉セッションの基盤を作ったのはこの動画だと思っています。
編集がすごい凝っていて非常に丁寧です。


舞台『カタシロRebuild』名越康文,ディズム,藍月なくる

こちらも一時期、対話型TRPGブームとなったシナリオ『カタシロ』の舞台版です。
TRPGっぽさはそこまでないですが、「邪神などがなくてもクトゥルフ神話の雰囲気は作れる」と思わせてくれる動画で、とても好きです。


この他にも、面白い動画はたくさんあります。ただ気を付けてほしいのは……

・不要な部分がカットされている場合がある
・ロールプレイうまい人多いかもしれないが、そんな必死でやる必要はない

ってことは念頭に置いたほうがいいです。
いざ見てみて「え、ハードル高い!」ってなったら元も子もないですからね。

【映画】

いや、リプレイ動画なげーよ!と思う人もいるかもしれません。
そういう場合は、サクッと映画を見るのがいいのかもしれません。

なんですが、クトゥルフ神話をもとにしたり、ヒントを得た作品はいいものもあるのですが、クトゥルフ神話をそのまま再現しようとするとお世辞にも良いものとは言い難い……。

一応、最近ではカラー・アウト・オブ・スペース―遭遇― 』という映画でもでたのですが、こちらも賛否両論ではあります。

【漫画】

視覚的に自分のペースで楽しめるという点においては、やはり漫画がいいですね。
オススメは確実に『田辺 剛』先生で、圧倒的画力で原作再現をし、数多くのラヴクラフト作品を手掛けています。

クトゥルフの呼び声

インスマスの影

ダニッチの怪

などなど、まだまだ作品が作られています。

【KPレスシナリオ】

KPがいなくても遊べるシナリオ、巷では『KPレスシナリオ』と呼ばれているそうです。

クトゥルフ神話の雰囲気もわかった! リプレイ動画も見た! でも実際遊ぶのはまだ抵抗がある!

そんな方には、KPレスシナリオです。

これは、シナリオを読みながら、そのシナリオ内で出てくる選択肢などを選びながら進める遊びです。
なので、他のプレイヤーなども存在しないので、自分のペースで遊べます。

フリーシナリオも出回っているそうなのですが、オススメは新クトゥルフ神話TRPG-スタートセット-に収録されているので、こちらを購入すればすぐに遊べますし、キャラクターの作り方なども丁寧に説明しています。

【まとめ】

まとめちゃうと、『実際、遊びに行っちゃうほうが早い! 以上』なのですが、それでは勇敢すぎるので、ゆっくりとした手順を踏むなら

漫画で雰囲気を知るorリプレイ動画を見てしまう

KPレスシナリオで遊んでみるor実際に遊びに行く

ぐらいでもいいかなと思っています。

焦って遊びに行ったはいいが、「よくわからんかった!」が悲しいですからね。
特に初心者のうちにありがちなのは「ルール把握しようとするので精いっぱいだった」みたいな話はよく聞きます。
なので、自分のペースで深淵へと足を踏み入れ、クトゥルフ神話TRPGの世界を体験してほしいですね。

因みにこういった記事も書いていますので、よろしければどうぞ。

クトゥルフ神話TRPG初心者が最初に知っておくべき5つのポイントってあるの?

==ルールブック==

もし、クトゥルフ神話TRPGをやってみたいと思ったら↓↓↓

スポンサーリンク