抵抗表ってなに?

2024年1月21日

キャラクターとキャラクターのステータスを競わせる時、どうしたらいいのかなって思いませんか?

例えば

  • 腕相撲をする
  • 短距離走をする
  • 魅力勝負
  • チェスで戦う

などなど、そう言ったときにこの抵抗表を使います。

※今回はクトゥルフ神話TRPG(6版)でのルールとなります。新クトゥルフ神話TRPG(7版)での話ではないのでご注意を!

抵抗表とは

例えば……

貴方のキャラクターAとキャラクターBが腕相撲をします。キャラクターAのSTR(筋力)は18です。相手のキャラクターのSTRも18です。
この場合、抵抗表を参考にすると1d100のダイスを振り、50以下がでればキャラクターAは腕相撲に勝つことができます。

これが抵抗表で、巷では対抗ロールと呼ばれています。

簡単に説明すると……

①自分のステータスの数値を出す

②相手のステータスの数値を出す

③表をもとに、成功するための出目を出す

という流れです。
もちろん、自分のステータスが低くて、相手のステータスが高いと、成功するための出目が低くなり、あまりに低すぎると自動失敗になります。
もちろん、逆に自分のステータスが高いと自動成功です。

見にくい

ただ、この抵抗表ですが、よくできてはいるのですが、個人的には見にくいです。

※試しに抵抗表を見せてよって話ですが、詳しく知りたい方はルールブックの購入をオススメします。

なので、7版のボーナスダイス&ペナルティダイスの方がわかりやすくて好きという意見もありますが、実は抵抗表を一発で計算してくれるサイト様がありまして、大変助かっています。
試しに使ってみると非常にわかりやすく重宝しております。

クトゥルフ対抗ロール

まとめ

技能を中心に展開するクトゥルフ神話TRPGですが、割とキャラクターとキャラクターのステータスを対抗するなんて場面は結構あります。

ただ相手が邪神だと、自動失敗の連続になることもあるのでご注意を!

※因みに7版では、抵抗表ではなく、ボーナスダイスとペナルティダイスというものがあります。よろしければこちらの記事もどうぞ。
ボーナスダイスとペナルティダイスってなに?

==ルールブック==

もし、クトゥルフ神話TRPGをやってみたいと思ったら↓↓↓

スポンサーリンク