ゲームマスターってなに?

2018年2月4日

一言で言ってしまうと【ゲームの進行役】です。

例えば……
「あなたの目の前に、巨大なヒグマが現れました。
そのヒグマは体長2メートルほどあり、体重は100キロ以上ありそうです。
さてどうします?」

って今みたいに、状況を説明し、プレイヤーに判断を委ねる人です。
ゲームマスターの仕事は、物語の状況を説明し、進行させたり、困っているプレイヤーにそれとなくヒントを出し、誘導したりします。

また、物語に応じて、アイテム、ダンジョン、モンスターなどを用意したり、プレイヤー以外の登場人物を演じたりします。
そして、ゲームマスターはゲームの進行役であり、そのゲームにおいて、絶対的な存在(王)であることのが大きな特徴です。

例えば、さっきのヒグマの例で言うと、ゲームマスターの状況説明に対し、プレイヤー1が「じゃあ、登れそうな木を探してもいいですか?」と提案します。

それとは別にプレイヤー2が「熊が逃げるように、火をおこしたいので、燃えそうな木はありますか?」と言ったり、プレイヤー3が「熊に魂の説得をしてもいいですか?」
と様々な提案をしてきます。

このような、様々な提案に対し、アドリブで対応するのが大きな仕事だったりします。

良い案に対しては、その提案を受け入れ、あまりにぶっ飛びすぎたり、卑劣な提案にはNGをださなくてはいけません。

どこまで受け入れ、どこまでNGかはゲームマスターの裁量に委ねられ、ゲームマスターの個性がでます。

プレイヤーの案を採用したり、適切な理由で提案を断ったりするゲームマスターはもいれば、逆に、プレイヤーの提案を、理由もなく断ったり、自分の主張を押し付けるだけのゲームマスターもいます。

ただ、ゲームマスターは王様なので、「駄目」と言えばそれは『駄目』になります。従わなければなりません。極論で言うと、ゲームマスターがキャラクターに「あなたは死にました」と言うと、そのキャラクターは理不尽だろうがなんだろうが死亡します(そんな場面はめったにありませんが)

あくまでも絶対的な神に近い王様なのです。

でも、自分の主張ばかり押し付け、プレイヤーの話を聞かないゲームマスターは暴君となり、そのゲームは崩壊し、人は離れていきます。

素敵なTRPGができるよう、名君の元で是非プレイしてください。

 

 

今まで自分が体験したゲームマスターとかについては、また違う記事で書こうと思います。

 

いやーいろんな王様がいるんですよ……。

もし、クトゥルフ神話TRPGをやってみたいと思ったら↓↓↓

TRPGとは

Posted by master