番外編TRPGグッズを買いました7-書籍編その2

今回は番外編と言うことで、今まで買ったTRPGのグッズの一部を紹介したいと思います。

紹介する基準は、TRPGに使えそうな物、TRPGの世界観をイメージして作られたグッズ、そのどちらも紹介していこうと思っています。

今回紹介するのは創元推理文庫より『ラヴクラフト全集1』です。クトゥルフの生みの親、H・Pラヴクラフトによる、全四つの短編集です。

クトゥルフ神話TRPGを知っている人ならわかると思いますが、クトゥルフ神話TRPGに出てきた、あんな化け物やこんな化け物の元ネタが出てきます。

では、せっかくなので、どんな話があるのかって言うのを、超ざっくり、ふわっとした感じで説明しようと思います。
ちょっとのネタバレもいらない!って人は、ここからは読まないことをオススメします。

【インスマウスの影】

ちょっとした好奇心で、ヤベー噂が付きまとう寂れた漁村に行く主人公、しかしそこはなんか知れば知るほどヤバかった!
「あ、俺、帰るわ!」と思ったが……

クトゥルフでは有名なインスマウスの街の観光案内です。

【壁のなかの鼠】
「俺の家系ってどうなってるんだろう。なんか地元の村人の評判が最悪だったんだけど……」
と思った主人公は、そんな先祖の汚名を晴らすべく、アメリカから祖先の屋敷があるイングランドに向かい、修繕作業をしに行ったが……。

屋敷内をただ探索するだけなのですが、面白かったです。ずっと猫が仲間に至り、最後の方ではあらゆるエキスパートが仲間になるのは楽しいですが、いきなり話がぶっ飛びます。
いきなりあの神が出てきたときびっくりしました。

【死体安置所にて】
葬儀屋のジョージ・パーチが葬儀屋の仕事を辞めた。
それは死体安置所にて、恐ろしい体験をしたからだった。

15ページなのでサクッと読めます。良い感じにオチもついているし、他の作者の名前を出すのはどうかと思いますが、星新一っぽくて好きでした。ブラックユーモアな感じがとても良いです。

【闇に囁くもの】
ミスカトニック大学文学部教授の主人公の元に「宇宙人と遭遇した」と言う手紙が届く。その手紙には、その宇宙人の詳しいことや、宇宙人と接触したことなどが書かれている。主人公はその男と何回も手紙をやり取りしているうちに……

クトゥルフではめちゃくちゃ有名なあの化け物がでてきます。本当に事細かに書かれていて、凄く嬉しいです。
壁のなかの鼠では猫が頑張っていますが、今回は犬が頑張っています。

以上こんなところです。で、全体的な感想はと言うと……正直、難しいです! 文章の表現や、アメリカや歴史の固有名称などがでてくるので、難しいですが、全然読めないわけではありません。今は便利な時代なので、ネットで検索しながら読むと、新しい言葉などを知れて楽しいです。

ではせっかくなので、最後にラヴクラフト全集1にでてきた、僕が難しいと思った漢字を紹介するので、『意味』と『読み』をどれだけ答えれたか、自分のEDUの判定を使って挑戦してください。

名付けて、【ラヴクラフト全集1(訳:大西 尹明)漢字検定】、では張り切っていきましょう!

【第1問】
灌木

【第2問】
編纂

【第3問】
荒涼

【第4問】
概して

【第5問】
当座

【第6問】
穹窿

【第7問】
天蓋

【第8問】

【第9問】
穴居

【第10問】
翻刻

【第11問】
山麗

【第12問】
放縦

【第13問】
瀆神

【第14問】
詠誦

【第15問】
連綿

【第16問】
拱廊

【第17問】
辺鄙

【第18問】
一両日

【第19問】
繃帯

【第20問】
恢復

さあ、あなたはいくつ答えられたでしょうか! 僕は勉強したのに殆ど忘れています……。
以上です!
クトゥルフに限らず、TRPGグッズは色々とあります。
この他にも入手したものや、新しく入手した際は、このブログで紹介しますので、SAN値を0にせずに見てくれたらなと思います!

もし、クトゥルフ神話TRPGをやってみたいと思ったら↓↓↓

スポンサーリンク