10月17日クトゥルフ神話TRPG主催体験レポ

実際に、クトゥルフ神話TRPGに興味を持ち、「やってみよう!」と思ったものの、周りにできる仲間が見つからず、しかしいきなりネットで仲間を見つけたり、直接イベントに行くのは初心者には敷居が高い…。

そんな不安を抱えている人もいるかもしれません。

当ブログ、【初心者のためのクトゥルフ神話】では、定期的に初心者向けクトゥルフ神話TRPGのイベントを開催しています。

しかし、「どんな感じでやってんだよ! こちとら中身を知りたいんじゃい」と思われるかもしれません。

そこで、この記事では、実際にイベントの様子をざっくりと書いて、そういった不安を取り除く手助けができればいいなと思っています。

んなわけで、10月17はクトゥルフ神話TRPGを主催しました。

TRPGイベントレポート ~参加者:新規(男性1名)・リピーター(女性2名)~

今回はリピーターの男性1名とリピーターの女性2名が参加してくれました。

最初に当イベントでは、キャラクターを作ってもらい(参照:キャラクターの作り方1キャラクターの作り方2)、職業(参照:キャラクターの作り方3)をランダムで決めてもらうのですが、今回は全員が新規でキャラクターを作ることに。

結果、参加者三人が職業カードから引いた職業は、警察官と放浪者とスリ師(当イベントオリジナル職業)でした。

TRPGイベントレポート ~プレイ:いい意味での裏切り!とても素晴らしい行動でした~

今回のシナリオは療養施設内の利用者が失踪するので、失踪者を探し、事件を解決してほしいというもの。

で、このシナリオ、前半は探索メインなのでキャラクターが死亡とかはしないのですが、後半から殺しポイントが2つあるので、このパーティーの数と職業では、最悪、全滅の可能性があります。

しかし、僕の予想は良い意味で裏切られます。

例えば、人に聞き込みするときは「(キャラクターが)警察だから、もっと情報をくれないか?」とか、「一緒に行動している心太君(NPC)の心情はどうですか? または心太君はなにをしていますか?」とか、「懐中電灯を持っているので、目星の成功率があがりませんか?」など。

そう、プレイヤーが一生懸命、提案(生き残ろうとする行為)をするのです。自分が有利になるアイテムや情報を一生懸命、勝手に一人でではなく、みんなで協力してかき集め、戦力の少なさを補おうとしているのです。

しかも、ゲームマスターの僕が、流石にできないことはできないと言った時には、「なんでできないんだよ。おかしいだろ」など言わずに、できないことには「あー無理なんだぁ」と言って、再度違う提案をします。

とても素晴らしい行動でした。

そして、前半は、なにかとスムーズに進めていき、犯人が施設内にいることがわかります。しかし、今回のシナリオの殺しゾーンその1、『ラスボス戦前のトラップ』で、回避が失敗やファンブルになり、大ダメージを食らい、回復アイテムが底をつきます。

そこから色々な提案で、目星などでアイテムを探すもことごとくサイコロの出目が悪く失敗……。

殺しポイントその2のラスボスは強いので、正直、僕は「今回全滅かなあ……嫌だなぁ……」と、内心、思ってしまいました。

そんなわけで、プレイヤーの万策尽き、どうにかラスボス前に入手できたのが、ライフル一丁だけ。
しかしパーティーのライフルは全員初期値(25%)。当たる確率はそんなに高くなく、当たる前に自分が倒されている可能性があります。

それでも、陣形を組み、あとは神に祈り、ラスボスと戦うことにしました。

しかしここで奇跡が起きます。まずライフルが成功します。しかもクリティカルで。一瞬にして、ボスの手下(HP15)が吹き飛びます。

更に次のターン。ライフルが成功します。しかもクリティカルで。一瞬にしてボスの手下(HP15)が消し飛びます。

あとは残ったボスを三人でボコボコにして、勝ってしまいました。

すごく変な汗が出ました。もちろん全滅しなくて良かったのですが、あまりのあっさりさに、プレイヤーから「この後、本当のボス戦があるんですよね?」と言われたぐらいです。

そんな感じで、無事ラスボスを撃破し、苦戦も犠牲もなくシナリオをクリアしました。

TRPGイベントレポート ~総括:一生懸命提案し仲間と協力したからこそ、ダイスの女神が笑ってくれたのかも~

そう、これこそがTRPGの醍醐味だと思います。本来無敵のはずのパーティーがダイスの出目で全滅したり、精神力が強い奴が、ダイスの出目が悪く、SANチェックで、発狂したり、本来全滅するはずのパーティーが、ダイスを振ることによって、奇跡を起こし、自分達が予想しなかった物語が、そこに生まれます。

TRPGは、ダイスの出目がすべてかもしれません。
しかし、個人的には、本来全滅するような戦力でしかなかったパーティーを、プレイヤーたちが一生懸命提案したり、仲間内で協力をしたからこそ、最後にダイスの女神さまがご褒美をくれたのではないでしょうか。と自分は考えています。

本当に良い物語にしてくれた女神さまには感謝しかないです。

いやまあ、ご褒美あげすぎですけどね! クリティカル連続2回って……ゲームバランス考えてシナリオ作っても、ダイスの出目で瞬殺は割とあります。あとダイスの出目が悪くて、雑魚敵に苦戦したり(笑)

以上レポっす! いあいあ!

もし、クトゥルフ神話TRPGをやってみたいと思ったら↓↓↓

スポンサーリンク