INTってなに?

クトゥルフ神話TRPGのキャラクターってどうやって作るの? その1で能力値について簡単に解説したのですが、もうちょっと詳しく解説しようと思います、の第8弾です。

今回はINTについて解説したいと思います。

INTとはIntelligenceの略で、知性のことを指し、6面ダイスを2回振って、その合計値に6を足して、数値を出します。

よく、勉強してなくても、機転がきいたり、頭の回転の速い人っていませんかね?。
そういう人たちは、やればできる子。理解力が早い……なんてのを言われたりします。

そういうのをクトゥルフではINTが高いと言います。

同じ、頭が良いでも、前回(EDUってなに?)紹介したEDUは、どちらかというと知識の話で、今回のINTは地頭の話になります。

INTが高いと、いかに早く物を学べる、記憶力がいい、物事キチンと分析できたりします。

例えば……。

ゲームマスター「では、今から店員が探索者に、カタンというボードゲームのルールの説明をします。では、100面ダイスを振り、INT×5以下の数値をだしてください」

プレイヤー「コロコロ……。成功です!」

ゲームマスター「では、あなたはカタンのルールを理解しました」

とか、例えば……。

ゲームマスター「現在52歳の探索者の目の前に、小学生の同級生と名乗る男が現れました。INT×3以下の数値をだしてください」

プレイヤー「コロコロ……。失敗です」

ゲームマスター「了解です。では、探索者は幼い時の記憶すぎて、その同級生と名乗る人のことを思い出せませんでした」

みたいな感じです。

他にも、INTは、技能にポイントを振るときに必要になります。

前回のEDUも技能のポイントにかかわっていきますが、INTも技能のポイントにかかわります。

何が違うかと言うと、EDUは職業にかかわるポイントしか振れません(例えば、探索者の職業が医師だった場合は、〈医学〉〈応急手当〉〈信用〉〈心理学〉〈精神分析〉〈生物学〉〈ほかの言語(ラテン語)〈薬学〉〈個人的あるいはその時代の特色的な技能としてさらに1つの技能〉〉)

しかし、INTは、どこでも(クトゥルフ神話技能以外)好きな技能にポイントを振ることができます。

何故かと言うと、EDUのポイントは『職業で鍛えた技能』に対して、INTは『趣味で鍛えた技能』だからです。趣味なので、どの技能にもポイントを振れるというわけですね。

じゃあ、INTの方が得やんけ!って思う人もいると思いますが、EDUの技能のポイントがEDU×20に対して、INTの技能のポイントはINT×10しかありません。
あくまでも趣味なので、振れるポイントも少ないというわけですね。

以上、少し複雑ですが、実際プレイすると凄い単純だったりしますので、是非、誰かと一緒に遊んでみたりしてくださいね。

どうでもいいですが、やればできる子ってなんだか『普段、力を隠しているみたい』で個人的にかっこいいなと思います。

でも、やればできる子と言われ、実際やらないまま大人になってしまうと、僕みたいにダメ人間になってしまうので、注意してください!

もし、クトゥルフ神話TRPGをやってみたいと思ったら↓↓↓

スポンサーリンク